トラネキサム酸錠250mgの購入はココ~処方箋なしの格安通販サイト

トラネキサム酸に副作用ってあるの?

肝斑は、紫外線や女性ホルモンの働きによる刺激が原因となって発生することがあります。トラネキサム酸は、肝斑への効果以外にも、様々な症状に用いられている医薬品であるために、多くの方がトラネキサム酸の副作用を気にされています。トラネキサム酸には、どのような副作用があるのでしょうか。

トラネキサム酸は医療現場でも使用されている成分

トラネキサム酸は、もともと医療現場で使用されているものであり、様々な症状に対して効果を発揮している成分です。抗炎症・抗アレルギー効果・止血効果などを持っており、皮膚の疾患や出血などの治療に使用されています。トラネキサム酸は、副作用の少ない成分ではあるものの、稀に食欲不振や眠気や発疹などの報告があるようです。さらに、トラネキサム酸は、止血作用があるため、血栓ができやすい方は、使用を控えた方が良いかもしれません。何らかの理由で通院をされている方などは、掛かりつけの医師に成分に関することを相談の上、使用すると安心かもしれません。

トラネキサム酸は女性ホルモンに働きかけるわけではない

トラネキサム酸が肝斑の治療に用いられていることから、女性ホルモンに働きかける成分であると誤解されていらっしゃる方もいるようですが、トラネキサム酸は、女性ホルモンに働きかけて、肝斑を防ぐものではありません。肝斑は、紫外線や女性ホルモンによる刺激を受けてできるものではありますが、トラネキサム酸は、メラニン色素が発生する初期の段階で、お肌が持っている、メラニン色素を発生させてしまう働きをブロックすることによって、肝斑を防ぐものです。つまり、女性ホルモンに直接働きかけるわけではないため、女性ホルモンの働きに関することを不安に思う必要はないようです。

トラネキサム酸は様々なものに使用されている

トラネキサム酸は、皮膚科でも処方されているもので、大きな副作用があるというものではないようです。このため、化粧品やサプリメントなどにも用いられることもあるようですが、1日の使用量や使用上の注意を守る必要があります。