トラネキサム酸錠250mgの購入はココ~処方箋なしの格安通販サイト

シミや肝斑の治療方法

シミや肝斑が気になっている方の多くが、1日も早く気になっている部分を改善したいと思われています。中には、スキンケアによるお手入れよりも、医療機関による治療を受けたいと思われている方もいらっしゃるようですが、シミや肝斑の治療方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

シミの治療方法

シミの治療方法は、皮膚で生成されてしまったメラニン色素を薄くするための成分を用いて、時間をかけて治療をするか医療機関などで使用されているレーザーなどを用いて治療をする方法があります。メラニン色素を薄くする成分には、様々なものがありますが、メラニン色素は、ある程度、皮膚には必要であるため、使用する成分の濃度には注意する必要があるようです。シミを消すために用いられている塗り薬には、ハイドロキノンというものがあります。ハイドロキノンは、紫外線を浴びた時に、メラノサイトから生成される、チロシナーゼという酵素に働きかけるものです。チロシナーゼという酵素は、紫外線を浴びたことによって、皮膚内に発生した活性酸素を除去する働きを持っていますが、その後にメラニン色素ができてしまうのです。ハイドロキノンは、メラニン色素が作り出されることを防ぐ働きを持っている成分です。レーザーを用いた治療方法は、医療期間で医師の判断のもと、シミの状態によって、レーザーの強さを調節するようです。

肝斑の治療方法

肝斑の治療方法は、シミの治療とやや違いがあり、メラニン色素を薄くするための成分を用いる場合でも、より肝斑に効果が高いと言われている成分を使用するようです。肝斑を薄くする成分には、トラネキサム酸というものがあります。トラネキサム酸は、医療機関でよく使用されているものですが、近年では、肝斑に効果があるということで、美容目的で使用されることが多いようです。トラネキサム酸が肝斑の治療に使用される時は、内服薬として用いられます。医薬品であるため、使用量などが決められており、使用期間などもある程度定められているようですが、医師の判断により、使用量や使用期間に違いがあることもあるようです。また、肝斑は、シミと違って、レーザー治療を行えないことが多いため、塗り薬や内服薬で治療をすることが多いようです。