トラネキサム酸錠250mgの購入はココ~処方箋なしの格安通販サイト

シミと肝斑の違いって何?

シミや肝斑は、紫外線などの外部の刺激によってできるものですが、その特徴に違いがあります。それぞれの特徴の違いを知ることによって、適切なケアをすることができます。

シミの特徴

シミは、紫外線を浴びる箇所にできやすいものです。顔にできるシミは、決まった場所にできるというものではありませんが、頬骨やこめかみなど、顔の中でも紫外線を浴びやすい箇所にできるようです。紫外線を浴びることで、メラニン色素が生成されて、それがお肌にいつまでも残ることでシミとなってしまうのです。加齢によってシミが増えるのは、皮膚の新陳代謝の働きが低下するからです。若い世代は、真っ黒に日焼けをしたとしても、シミになりにくいという特徴があります。それは、新陳代謝が活発であるため、皮膚にメラニン色素が多く生成されても、肌の再生を繰り返すたびに、メラニン色素が外に排出されていくからです。シミができないようにするのも大切ですが、お肌の新陳代謝を促すことは、最も重要なことかもしれません。

肝斑の特徴

肝斑は、紫外線を浴びること以外にも、ホルモンのバランスの乱れによってできる場合があります。女性は、妊娠した時や、ストレスなどによって、女性ホルモンのバランスが崩れた時などに肝斑ができるようです。肝斑はシミと違って、決まった箇所にできるという特徴を持っています。肝斑は、顔の中央から、左右対称の頬骨周辺にできます。輪郭が薄く、かなり広い範囲でできることが多いので、早めにケアをする必要があります。放置しておくと、色素が濃くなることもありますが、60代を超えると薄くなってくる方も中にはいらっしゃるようです。さらに、シミに効果があると言われている医療機器や美容機器による治療は、肝斑の治療には使用できない場合もあるようです。このことから、お肌で気になっている部分が、シミであるのか肝斑であるのかを、しっかり見極める必要があります。適切でない治療を行うと、後々、後悔するようなことにもなりかねません。専門家をたずねるなどして、お肌の状態を把握してから、お手入れをする必要があります。