トラネキサム酸錠250mgの購入はココ~処方箋なしの格安通販サイト

トラネキサム酸のシミや肝斑への効果

多くの女性がシミや肝斑を気にされています。これらは、一旦お肌にできてしまうと、なかなかもとの状態に戻りにくいため、様々なスキンケアの方法を模索している方がいらっしゃるようです。シミや肝斑に効果があると言われているトラネキサム酸の働きは、どのようなものなのでしょうか。

シミや肝斑ができる原因

お肌が紫外線を浴びると、メラノサイトからチロシナーゼという酵素が生成されます。紫外線を浴びると、肌の内部に活性酸素が発生してしまうので、このチロシナーゼという酵素が、この活性酸素を吸収して除去しようとするのです。この作用の後に、メラニン色素が皮膚の内部に発生してしまうのですが、加齢などにより、お肌の新陳代謝が低下すると、発生したメラニン色素が肌の内部に留まって、なかなか外に排出されないため、シミとなってしまうのです。肝斑はこのような紫外線だけが原因というわけではなく、女性ホルモンも関係していると言われています。妊娠した時や、ストレスなどで体内のホルモンのバランスが崩れた時に肝斑が出やすくなると言われています。

トラネキサム酸のシミや肝斑への効果

トラネキサム酸は、肝斑への効果が認められている成分です。医薬品として使用されているものでもあり、様々な実績のある成分です。トラネキサム酸は必須アミノ酸リシンをもとに、人工的に合成されたアミノ酸の一種です。皮膚は、紫外線や女性ホルモンの働きなどによって刺激を受けると、メラノサイト活性化因子であるプラスミンが産生され、プラスミンの作用により、メラノサイトからメラニン色素が生成されるようになります。トラネキサム酸は、メラノサイト活性化因子であるプラスミンの働きをブロックして、メラノサイトからメラニン色素が生成されるのを抑える作用があるのです。つまり、初期の段階でメラニン色素が生成されるのをブロックすることで、お肌にシミや肝斑ができることを防ぐというわけです。

トラネキサム酸の使い方

トラネキサム酸は、肝斑に効果のある成分として、医薬品として用いられているものですが、トラネキサム酸が配合されている製品によって、使い方にも違いがあります。トラネキサム酸の使い方には、どのようなものがあるのでしょうか。

トラネキサム酸の1日の使用量

お肌は毎日の中で、外部からの様々な刺激を受けている状態です。肝斑ができやすくなっているお肌は、メラノサイトがメラニン色素を生成する働きが活発になっており、さらに、メラニン色素が皮膚に留まりやすくなっている状態です。トラネキサム酸配合の内服薬は、服用を続けることで、メラノサイト活性化因子であるプラスミンの働きをブロックすることにより、メラニン色素が生成されるのを抑える働きをするものです。つまり、服用することによって、すぐにシミを消し去るというものではないため、ある程度の期間は服用を続ける必要があります。肝斑が気になっている方の多くは、少しでも早く効果を実感したいと思っていらっしゃるかもしれませんが、トラネキサム酸は、医薬品であるため、服用の際には、必ず使用量を守る必要があります。トラネキサム酸の1日の使用量は750㎎と決まっていますが、医師の判断により、1500㎎までの使用を許可される場合もあるようです。トラネキサム酸配合の内服薬は、過剰摂取に注意する必要があります。

製品によって服用の方法に違いがある

トラネキサム酸が配合されているものには、様々な種類があります。製品によって使用方法に違いがあるため、それぞれの製品の使用上の注意をよく読んで、服用する必要があります。通常、1日の使用量を1日の2回に分けて服用するものが多いようですが、食後に飲むようにするものがほとんどです。医薬品の多くが食後に飲むようになっているのは、胃に負担を掛けないためです。サプリメントは健康食品という位置づけであるのに対して、医薬品は治療効果のあるものとして用いられるものであるため、正しく使用する必要があります。その分、サプリメントよりも効果が高いというメリットがあるため、決められた用量と、服用するタイミングを守るようにしましょう。

トラネキサム酸はどのくらい期間服用すれば良い?

トラネキサム酸は、シミや肝斑の原因となっている、メラニン色素の生成の元となるものをブロックすることで、気になるお肌の状態を改善していくものであるため。ある程度の期間、服用を続けることでその効果を発揮することができます。トラネキサム酸は、どのくらいの期間服用すれば良いのでしょうか。

お肌の状態によって服用期間が異なる場合がある

トラネキサム酸配合の内服薬は、皮膚科などの医療機関で処方されています。シミや肝斑などは、人によって症状の度合いに大きな違いがあるため、人によって効果が現れる使用期間にも違いがあります。トラネキサム酸を用いる治療は、美容機器を用いて、一瞬で症状を消し去るというものではなく、シミや肝斑の原因となっているメラニン色素の生成を抑えることによって、お肌の状態を改善していくものであるため、ある程度の期間、服用を続ける必要があります。シミや肝斑ができて、さほど時間が経過していない場合であれば、効果を実感するのも、早いかもしれませんが、そうでない場合、医療機関を通して治療を行う際に、医師の判断により、ある程度の期間、服用を続けるように指示されることが多いかもしれません。

2ヶ月の使用期間が目安となっている

一般的に、トラネキサム酸配合の内服薬を連続して服用する期間の目安は、2ヶ月程度と言われています。しかし、これもひとつの目安であるため、医療機関によっては、その使用期間の判断にも様々な違いがあるかもしれません。トラネキサム酸配合の内服薬を入手する方法は、医療機関での処方と市販されているものを購入するという方法があります。医療機関を通して服用する場合は、医師の判断によって、使用期間を決めることができますが、個人で購入して服用する場合、自己判断が難しい場合もあるかもしれません。そんな時は、製品に記載してある使用期間に関する注意点などを、よく確認して服用すると良いでしょう。使用量と使用期間を守ることが、より良い結果を実感するためにも大切なことです。

トラネキサム酸錠250mgを通販で購入!

トランサミン(トラネキサム酸250mg)

トラネキサム酸は肝斑やシミや色素沈着に効く飲み薬。通常は病院で処方されるものですがこちらの個人輸入通販のサイトであれば病院で処方される薬と同様のものが自宅に居ながら購入する事ができます。値段的にはトランサミン500mgの方がお得ですが、使い勝手によって選んだ方が良いでしょう。

価格 1本(100錠):2,246円
飲み方
成人1日750~2,000mgを3~4回に分けて服用する